こんにちは。

正しいアドレスしてますか?
アマチュアゴルファーで正しいアドレスしてる方ってあまり見たことがないです!

長年ゴルフをやってる方で、僕のレッスンを受けに来られる方で、調子が悪くなると僕の所にレッスンに来られる方がいますが!
だいたいがアドレスを修正してあげると治ってしまう人って結構多いです。


本日は前回グリップの続きで!
基本中の基本!
正しいアドレスの作り方を記事にしたいと思います。

【基本①グリップはこちらから!】
見てない方は参考までに!

【基本アドレスの手順】



①目標にフェースを合わせる
②グリップ
③スタンス

Inkedアドレス手順1_LI

最初はボールをティーの上に置いて練習をしてください!
目的はボールの位置を固定する事で、ボールとの距離を一定に保ちたいので。


両足をそろえてクラブフェースを目標に合わせる。
順番はクラブを目標に合わせてから!
グリップを作って、両腕を伸ばしてから、両足をそろえる(両足の真ん中にボールを置いて下さい!

クラブの角度と前傾姿勢・ボールとの距離に気を付けて下さい!
最初にクラブと前傾姿勢をセットして変わらないように両足を閉じた時点で!
ボールとの距離が決まります!
その距離を変えないように最初は何か両つま先に目印を作って下さい!
(写真の赤い線のところにクラブとかティーやボールを置いてもOK)
スタンス(足)を取ります。




アドレス手順2

目印を決めたら!
後ろに離れないように左足から開きます!
足一つ分平行に!
写真の方ぐらいです!

この左足の開き方は地面から打つショット全てのクラブで同じなので!
必ずマスターして下さい!
(ドライバーはこの時点で左は動かさずに右足だけで開きます(今度ドライバーの打ち方の時に説明します)

アドレス正面

最後に右足を肩幅に開いて完成です!

使うクラブに合わせて右足の広さを加減してください。

順番にアドレスを作ると!
ボールの位置は左足よりで、グリップの位置も左寄りになります。



アドレス1後方

前傾姿勢とボールとの距離はこれぐらいです!

初めてでこれだけ前傾姿勢とボールとの距離が取れてれば十分です!
少しずつ上手くなると前傾が深くなって、ボールとの距離も近くなっていくように意識して下さい!

【注意】これ以上前傾は起こさない!ボールから離れない!




【基本①グリップはこちらから!】

まとめ


初心者ゴルファーにとって正しいアドレスはかなりきゅうくつで構えにくいし、動きにくいです!
ゴルフに置いてその人にあったアドレスを覚えてしまえば!
後は練習場やコースでボールを飛ばそう・上げよう・真っすぐ打とうとすればいいだけです!
正しいアドレスで遠くに飛んだり・真っすぐ飛んだりしたボールは!
全て正しいスイングです!
(一般的に綺麗なスイングが作られます)

それが少しでもずれた位置から打っても!
人って器用なので真っすぐ飛んだりします!
それが変則的なスイングになったり!ゴルフが難しくなる原因です。



皆さんゴルフスイングって正しいアドレスから作られていくってことを!
早く理解して貰えれば!
上達も物凄く早くなります!



PS
今回撮影に協力して頂いた女性はまったくゴルフクラブを持ったことがない方に協力をしていただきました!
今回の撮影にあたって僕が用意した物は。
グローブ両手
DUNLOP(ダンロップ) ゴルフグローブ 手袋 SRIXON スリクソン FLEXTECH フレックステック 両手用 レディス GGG-S013WW ホワイト 18cm
by カエレバ


ユーティリティークラブ1本




こっちも可愛いと思います!


ゴルフ練習場代150球ほどで2000円
スパイクはレンタルで女性は無料
レッスン代は無料
(女性・初心者限定・関東でこれからゴルフを始めてみたい方僕のブログのモデルさん募集中)


最後に!


このブログの内容が皆さんのお役に立つないようでしたら!

こちらをクリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

ゴルフランキング

Tプロ先生のプロフィールはこちら!